STAFF Blog STAFF Blog
 

STAFF Blog

ブログ

丸子通り 外壁

こんばんは。

ライフィットの本城です。

最近寒くなってきて朝起きるのがつらくなってきました。

現在新築工事中の丸子通りの現場の進捗のお話になります。

外壁の写真ですがサイディングとなります。

 

俗に一次防水と呼ばれる物になります。

一次防水とは外壁材や屋根材のことで、外壁であればサイディングやモルタル壁、

屋根であればスレート(カラーベスト、コロニアル)や日本瓦などのことを言います。

ここ最近瓦は使われなくなってきておりますが、

建物は、これらの1次防水によって、最初に雨や風を防ぎます。

奥に見えるのが胴縁と呼ばれる物です。

胴縁はサイディングと防水紙間にあり通気を取る為に施工します。

一番奥が透湿防水シートと呼ばれるものとなります。

こちら二次防水と呼ばれる物となっております。

二次防水は、外壁であれば外壁材の下に入っている透過防水シートやアスファルトフェルトなどの防水シート、

屋根であればスレートの下に敷くルーフィングと呼ばれる屋根ふき用紙のことを言います。

一次防水で防ぎきれずに外部から水が侵入した場合でも、ニ次防水であるルーフィングや防水シートによって雨を止めています。

住む家は、これら一次防水とニ次防水の2段構えで、雨や風から守られております。

こちらは廊下の写真となります。

全て貼り終わったらこの形となります。

まだすべての面の外壁は貼り終わっていないので全景の写真の撮影ができないのですが、

全て貼り終わったら写真を撮ってまたアップさせて頂きます。

2018年11月7日