STAFF Blog STAFF Blog
 

STAFF Blog

ブログ

ガルバリウム銅板を使った重ね葺き屋根工事 川崎市中原区

川崎市中原区で屋根(カラーベストコロニアル)のカバー工法(重ね葺き)を施工しました。

今回使用した屋根は(カラーベスト)からケイミューの横暖ルーフSを使用したカバー工法です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋根の葺き替えリフォームはカバー工法に比べて1.5倍から2倍程度、リフォーム費用が上がります!

カバー工法

一番違う所は、撤去費用と処分費。さらには造作費になります。

撤去=現在の屋根材の解体

処分=解体した屋根材の処分(アスベスト入りの場合の処分費は高騰となります。)

造作=屋根が無くなった下地の板張替え、補強、補修 等が大きく費用に変わってきます。

・カバー工法の場合は、現在の屋根材の上からの施工になります。

「施工の流れ」

・既存(現在)の屋根材の上に防水シート→新設屋根材施工(屋根材には種類があります)→付帯工事(棟板金・唐草・雪止め)となります。

 

今回、使用した屋根材 横暖ルーフS

ニチハは、窯業系外壁材を主体とした住宅建材メーカーです。 … マークの説明についてはこちら 遮熱鋼板と断熱材の一体成型で抜群の耐久性能と遮熱性能を発揮する 「超高耐久 横暖ルーフシリーズ」のスタンダードモデルです。

2019年4月26日