図面はパソコンで書く時代!

皆さまこんばんは!


設計の森口です。


現場も出てますが実は設計の仕事がメインです。


設計図って昔は手で書いてましたが今はパソコンで書くのです。


自分が設計事務所に勤め出したのはも23年前ですがその頃は


パソコンと手書きを両方使ってましたが今は手で書くことは無くなりました。


手書きより早いし綺麗だし精度も全然違います。


 


そんなパソコンで書いてる最近の図面を紹介したいと思います。


 


皆さんに見てもらいたい図面はパースと言って人が建物を見た時と同じ様な感じの角度で書く


図面です。図面というより絵ですか・・・図面を見せるって言ってるのに!


 


 



これはある大きな会社の部屋の一つで普段はコニュニティースペースですが


机を移動して大会議室にも利用する部屋です。



これはこの会社の休憩室です。この会社は昼に仮眠を取る事を社員に進めてるようです。



これは執務室です。


4つの机を1つのブースとしてホワイトボードで簡易的に囲える様にしてあります。


 


これらのパースは広い空間をどう利用するかの提案に使いました。


住宅でも家の提案にパースはお客様に理解して頂きやすい、空間を把握しやすいツールです。


これを手書きで行うのは大変な労力がかかりますがパソコンだと簡単にできます。


皆さまも新築、リフォームで自分で思いついた事があれば相談下さい。


僕がパースを作成してお見せします!


 


 


 


2019/06/02