和室から洋室へリフォーム

和室から洋室へリフォーム


 


和室を洋室へとリフォームする際には大きく分けると4パターンに分けられます。


今回はそれぞれのパターン別に紹介します。


 


     畳をフローリングへ変更/約9万円台〜20万円台前後


使い勝手の基となる畳。これをフローリングや張り付けタイプのカーペットなどに張り替えられます。


 


フローリングの張替をご紹介します。


和室の建具(襖やドア)や、壁はそのままに、文字通り畳だけをフローリングへと張り替える床面のみのリフォームとなります。


工事内容としては、畳と畳寄を撤去した後、フローリングを張っていきます。


畳の厚さ約4050ミリに対し、フローリングの厚さは約12ミリ程度なので、仕上がりを他の部屋と同等にすべく畳撤去後には隣接する洋室やリビングなどの床面との高さ調整である下地木工事が必要となります。


使用するフローリング材は、性能や強度などで費用が変わってきます。カーペットなど、フローリング以外の床材を選ぶ場合は、おおよそですがフローリングよりも


安価で、3万円〜4万円ほど安くなります。


 ※フローリング以外の床材の場合/6万円台〜17万円台前後


畳を撤去し、状況に合わせた下地工事を行い、その上からフローリングを張ります。この工程は一戸建てもマンションも同様となります。


 


②和室の床や壁・天井も洋室へリフォーム/約15万円台〜30万円台前後


畳からフローリングへの変更と併せて、壁や天井、室内全てを洋室に合うようリフォームしたいとお考えなら、全体予算で15万円台〜30万円台ほど。


床のみのリフォームより費用は掛かりますが、床リフォームとのセットで割引きです\(^o^)


床だけでなく壁や天井もフローリングの雰囲気に合わせて変更すると和室の名残は完全に払拭できると思います。


 


 


➂和室独自の良さは活かしながら、収納スペース(押入れや天袋)のみをクローゼットなど洋風に変更するリフォームです。


まず襖を撤去しクローゼットとなる内部の仕切りやハンガーパイプ(衣類を掛けたハンガーなどを掛けるパイプ)といった内部収納ユニットを設置します。


クローゼットの建具は、襖をクロス張替交換するのみでも可能ですが、予算が許すなら、せっかくのリフォームを機に、収納の扉を物の出し入れがしやすい折れ戸タイプにしたり、湿気対策とて調湿材を使用してみるなど、


リフォーム後の使い勝手が格段に良くなるのでおすすめのポイントです。


 


➃和室全体を使い勝手の良い洋室へリフォーム/約60万円台〜100万円台前後


和室自体を丸ごと洋室へとつくり変えるリフォームです。先に紹介した、畳の張替え、壁クロスや天井の張替え、収納部分や建具の細部、あるいは、間取り変更に至るまでリフォームによって和室を丸ごと変更します。


フローリング・壁クロスの張替え、収納や建具の変更と併せ、概算で費用はおよそ60万円台〜100万円台前後。


 



 


 


2018/12/03